心臓学会からの論文

最新の論文

このページでは、心臓学会で発表された論文を東洋医学的に解説していきます。

皆様の健康に役立つように、病気だけでなく医食住についても書いていきます。

健康的な生活習慣で若い女性の75%が心臓病を予防できる

米国においては近年、冠動脈性心疾患による死亡率は低下しているが、若い女性では頭打ちとなっている。


そこで、若い女性が生活習慣を改善することで、死亡率をさらに低下させることできるかについて検討した。


27~44歳の女性88,940人を対象に、1991年から2011年までの20年間追跡した。

 

健康的な生活習慣の定義は:

①喫煙しないこと、

②標準的なBMI(25未満)、

③運動を週2.5時間以上、

④テレビの視聴は週7時間以下、

健康的な食事、

⑥適度の飲酒(0.1~14.9g/日)とした。

 

これら6項目を守れていた場合に、冠動脈性心疾患や心臓血管病のリスクとなる病気(糖尿病、高血圧、高コレステロール血症)の発症率を低下できるかを分析した。


その結果、6項目すべてを守っていた女性では、一つも守っていなかった女性と比べて冠動脈性心疾患のリスクが0.08倍であった。

 

また、冠動脈性心疾患の73%が健康的な生活習慣を守れていないことによるものと算出された。同様に、心臓血管病のリスクとなる病気の46%が不良な生活習慣によるものであった。

 

なお、健康的な生活習慣6項目のうち、禁煙、BMI、運動、食事については
独立して冠動脈性心疾患リスクの低下に有意に関連していた。

 

したがって、若い女性が健康的な生活習慣を維持することで、4人中3人は冠動脈性心疾患を予防できることが示された。

東洋医学の解説

早期の生活習慣の見直しは、その後の健康な生活を送るためにもっとも大事な要素です。

上記の研究では女性が代表として挙げられていますが、男性でも同じ結果になったと思われます。

当院は心臓疾患の治療を得意としておりますが、心臓疾患では生活習慣の改善を治療と同時進行で行うことで、
早期に病状の改善ができることがわかっています。

病気は治療だけでなく、本人の生活習慣の改善も必要となります。

今までの論文

アクセス

当院はマンションの1階にありますが、看板がマンションの外にはありません。当マンション周辺の地図を良くご確認のうえ、お越しください。当マンションの目印は阪神タイガースの串かつ甲子園さんの看板です。


お車でお越しの場合、駐車場はコインパーキングのみとなります。下の地図を参照ください。

 

自転車でお越しの際は、地図上黄色のコインパーキングや東急ハンズの駐輪場は2時間まで無料です。マンション前は気をつけて置いてください。

 

何か不明な点がございましたら、お電話でご確認ください。

 

やわらぎ江坂治療院

地下鉄御堂筋線江坂駅より徒歩2分

大阪府吹田市江の木町2-5 江坂グランドハイツ北108

電話番号 06-6192-5515

受付時間 10時~13時 / 16時~20時(土曜日は15時まで)

休診日  日祝火曜日(木曜日は初診のみ)

詳細なアクセス方法は こちらをご参照ください。