○ 生まれつきの心臓病を持つ子供さんにご自分のせいと罪悪感を持たれているお母さんに

 

 

当院では赤ちゃんの方のお問合せが多く、メールやお電話にてお答えをしています。少しでも参考になればと特集ページを作成しました。 こういう質問を良く受けます。

 

ご質問

  娘が生まれつきの心臓に穴が開いた状態で、身体が大きくなるのを待って手術をしました。
現在1歳ですが、今でも妊娠中の自分の行動に至らない点があったのではと悩んでいます。
 
 お医者さんからは、一子目が心臓疾患を持っている場合、心臓病を持って生まれてくる確率は2子目はかなり高くなると言われました。遺伝とか身体の問題が關係するのではと思うのですが、はっきりとわからないと言われています。母親として申し訳ないという気持ちでいたたまれません。

回答1

  東洋医学的な見地から申し上げて、胎児が心臓を造り始める時期がほぼ2か月目の頃、この頃に胎児に魂が宿ると言われています。お母さんは別のエネルギーが入ったと感じ急に下から突き上げるような感じを覚え、つわりの症状が出始める人もいます。
 脈の状態も、エネルギーが高まり普段よりも熱っぽい状態になります。
この熱の高い時期に、さらに強いストレスがかかると形成に異常をきたすことがあります。
 
 その結果心臓に穴が生じることがあります。病院では心臓病は遺伝するということで
処理されますが、そうではありません。この時期だけ気を付ければ大丈夫なものです。
そして、その結果、生まれてきたお子さんが心臓病であっても、お子さんには救いがあります。
 
 乳児は、修復能力がものすごく高いので、この時期に手足や背中のツボをつかって心臓の氣の流れを
整えていくと穴の修復度は著しく増します。2カ月も連続してやると顔の赤みも増えてほぼ健常者と変わらない程度に回復することがあります。
 
 なので、赤ちゃんの身体に負担をかけずに出来ることをしてあげようというお母さんの愛情が
伝わる手だての一つとして、手術をしない方向での方法もあるということをお伝えいたしました。

回答2

 

 お医者さんがいう第1子が心臓疾患であったら2子もそうであることの確率が高いとのことですが、

結果論であまり根拠はありません。むしろそうでない方が多いのです。
 これは、心の問題が大きいと思います。
東洋医学的に、心臓は魂を蔵しています。とても悲しい時には胸を覆いたくなりますし、
ドキドキする時にも胸を押さえたくなります。
 胸が張り裂けそうになるほど辛い思いという表現も、全て自分の魂が心臓にあるということを
表しているのです。心臓病に限って言えば遺伝という器質的な病気ということもあるけれども、
それよりも本人(乳児)の個々の課題として持って生まれた事が多いと思います。
 
お子様が、心臓病があっても生まれて来て丈夫に育っていくという決意を持って生まれてきたのを
お母さんがしっかりと受け止めて育てていくという覚悟をする。そういう決意をもっていると
穴がふさがるのが早かった方もいます。次のお子さんを授かっても心臓病でなかった人もいます。
 
でも、実際に心臓病を持つお子さんがいらっしゃるお母さんが、二人目を作るというのはすごく
決心がいると思います。遺伝があるかもと考えるとすぐには行動出来ないかもしれません。
 
でも、娘さんが大きくなって子供さんを産みたいと思った時に、背中を押してあげたいではないですか、
お子さんのために勇気を持って一歩踏み出してみましょう。

 

 

治療体験談

当院では、心臓に穴が開いた赤ちゃんの症例も多数あります。

             一例を紹介します。 ➡房室中隔欠損と肺高血圧症の患者さんの声

                          ➡小児の心肥大性心筋症の症例(舌写真経過入り)

アクセス

当院はマンションの1階にありますが、看板がマンションの外にはありません。当マンション周辺の地図を良くご確認のうえ、お越しください。当マンションの目印は阪神タイガースの串かつ甲子園さんの看板です。


お車でお越しの場合、駐車場はコインパーキングのみとなります。下の地図を参照ください。

 

自転車でお越しの際は、地図上黄色のコインパーキングや東急ハンズの駐輪場は2時間まで無料です。マンション前は気をつけて置いてください。

 

何か不明な点がございましたら、お電話でご確認ください。

 

やわらぎ江坂治療院

地下鉄御堂筋線江坂駅より徒歩2分

大阪府吹田市江の木町2-5 江坂グランドハイツ北108

電話番号 06-6192-5515

受付時間 10時~13時 / 16時~20時(土曜日は15時まで)

休診日  日祝火曜日(木曜日は初診のみ)

詳細なアクセス方法は こちらをご参照ください。