患者さまの声

心臓弁膜症とアルドステロン症(難病指定)

インタビュー動画

Q. 今までどのような症状で悩まされてきましたか?
A.

一番最初は、顔がピクピクする症状でした。身体が疲れやすくて、家事とかがはかどらなくて、病院で脳の検査を受けたところ、血圧が高いと言われました。

 

日ごろの症状としては、左の耳のほうから、弁膜症の影響か、心臓の音がドクドクと動悸のように聞こえたり、買い物へ行ったり家事をたくさん一日のうちに色んなことを忙しくしたりした夜とか夕方なんかにすごく疲れが出て、症状としては、疲れやすいというのと動悸がメインです。

 

子供が3人男の兄弟がいて大変です。

Q. 病院ではどのような対処をされましたか?
A.

入院でアルドステロン症のほうは検査して、どちらの副腎からたくさんのホルモンが出ているかを検査しました。

 

結局、両方から出ているので、手術で取ることができなくて、一生お薬を飲むように言われて、それが嫌でした。

Q. それは大変でしたね。何を見てこちらへ来ようと思われましたか?
A. 最初インターネットでアルドステロン症と鍼灸で調べまして、東京のほうであったんですが、遠いので関西で調べて、こちらのページを見つけて、もしかしたら治るかもしれないと思いまして、来させていただきました。
Q. 現在までに7~8回、3週間来られていますが、今の感じはいかがですか?
A.

徐々に良くなっている感じですが、最初と今の症状とを比べると自覚症状では、疲れやすさがすごく良くなって、10から3へ減っています。

 

動悸のほうは、夜寝るときに毎日左の耳から聞こえていたのが全く聞こえない時もあるし、良く動いた後に少し聞こえるぐらいの感じで軽くなっています。

Q. 心臓弁膜症も難病指定ですか?
A.

はい。そうだと思います。病院では治らないと言われました。

 

両方がいっぺんに良くなればいいなと思ってました。動悸のほうも最初と比べると10から3くらいな感じです。

Q.

なるほど、鍼灸治療の良さをわかっていただけたと思います。

最後に、当院の治療をどのような方にお勧めしたいですか?

A. やっぱり病院で治らないと言われた方とか、お薬を一生飲みなさいと言われた方とか、なぜかわからないけどしんどい、理由がよくわからないという方とかが良いんじゃないかと思います。
Q.

そうですか。本日はありがとうございました。

体験談 「今では自分のやりたい事が出来るまでになりました。」

原発性アルドステロン症と弁膜症の治療で中島先生にお世話になっています。

 

鍼治療をして頂いて思うのは、「病は気から」という事と、「体は正直」だなという事です。悩み事があったり、不摂生をしているとすぐに先生にバレてしまいます。ツボや身体をみれば分かってしまうのは、本当にすごいと思います。

 

通い始めの8ヵ月前は、外出するたびに疲れてしまっていましたが、今では自分のやりたい事が出来るまでになりました。ありがとうございます!!

 

こちらに通いだしてから病院へは行っていないので病気は治っているのか分かりませんが、疲れやすさもずいぶん軽くなり、カゼもほとんどひかなくなりました。

 

西洋医学は、薬と検査ばかりですが、「やわらぎ治療院」では、1本の鍼と自分にぴったりの養生法を教えて頂きました。中島先生と自分の治癒力を信じれば、病気は良くなると思います。

 

鍼は、心にも身体にも優しい治療法だと思います。

診療時間

火曜・日曜定休 日/祝
10:00~13:00 ×

初診

のみ

祝日

16:00~20:00 ×

初診

のみ

15時

まで

 

祝日は不定休となっております。

ご面倒をおかけしますが、お電話でお確かめ下さい。

 

アクセス

やわらぎ江坂治療院

地下鉄御堂筋線江坂駅より徒歩2分

大阪府吹田市江の木町2-5 江坂グランドハイツ北108

電話番号 06-6192-5515

受付時間 10時~13時 / 16時~20時(土曜日は15時まで)

休診日  日祝火曜日(木曜日は初診のみ)

詳細なアクセス方法はこちらをご参照ください。